almost taiwan

台湾から送る「台湾的」な生活のアレコレ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初料理

今日はやっと、工作室のキッチンで初のお料理を作りました!
いやあ~ここまで来るのに、時間がかかった!


さて、記念すべきランチとなったのはこちら。
20080805 002
玄米ごはん。
チキンと野菜の酢炒め。
目玉焼きつきです!!

奥に見えるのは箸休めの大きいきゅうりの塩昆布和え。




この、酢炒め。
簡単なのに、むちゃくちゃおいしいので、
一度作ってみてください。

作り方はいつものように簡単です。
材料はにんにく、ねぎ、チキン、お野菜(好みで。今回はおくらとえのきです。)

にんにく1~2かけの薄切り、ねぎのぶつ切り(2センチほど)をオリーブオイルで炒め、
香りが出てきたら、肉を入れます。
肉の色が変わってきたら、酢を大さじ2~3ほど(好みで)入れて、炒め合わせます。
酢がなくなってきたら、野菜を入れて、オレガノ、ローズマリーなどのハーブを少し、
塩を少し。全体が炒め合わさったらOKです。


暑い夏は「酢」を摂ると体にいいってよく聞きますよね!
こうやって食べると、酢のツンとした味がなくなって、
まろやかにいただけます。

お野菜だけでも十分においしいと思います。



あんなに汚くて、何もなかったあのキッチン
今はこんな感じになりました。
20080805 007


ま。
まだまだ簡素なキッチンだけど、
これから、ぼちぼちと使い込むことによって、
味が出てくるのではないかな。。。
と期待しております。



これからは、毎日ランチを作っていくつもり!
明日のメニューは。。。
もう決まってます!















↑ランキングに参加してます!ポチッとしていただくと励みになります!





スポンサーサイト
  1. 2008/08/05(火) 17:57:23|
  2. ●香酢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酢のスープ(酸辣湯もどき)

日本は今年は雪の冬ですね。台湾も今年は骨身に染み入る寒さです。
そんなときは。。。。。

everyday2 052


スープ。に限りますね。わたしがよく作るのは酢のスープ。いわゆる酸辣湯のようなスープですが、酢がきいています。



ええ~~っ!
台湾って寒いんですか?って思われる方もいると思いますが、


台湾は冬、寒くなります。


もちろん日本みたいに零下になることはないですが、寒いときは10度前後になります。
10度前後では。。。。と寒い国の方は思うでしょうが、台湾はこういう気温の時につらいのが、暖房設備が乏しいということでしょうか。

寒い時期が短いので、暖房を常備するという考えがないので、寒い冬の何日間は、厚着をして、震えながら過ごすしかないのです。。。。。



寒さに弱いわたしはそれがつらくて、あまり機敏に動けません。



そういうときに、体を温めて、しかも、ちょっと背筋が伸びるような、ちょっぴり酸っぱい酢の元気の味がするスープを作ります。



基本的にわたし流の酸辣湯の作り方でもあります。



材料は冷蔵庫の残り物の野菜でOK!今の時期では大根ににんじんにしいたけ。。。なんかがみなさんの冷蔵庫に眠っているはず。そんなものでよいのです。あと、準備しておいたらいいなと思うのは豚肉。あと、干しエビや鶏がらスープ(または市販の固形スープの素)など動物性の出汁が出るものが酢の味をまろやかにしてくれると思います。


作り方は簡単です。

①水に干しエビ、または固形スープの素を入れて、火にかけます。沸騰してきたら、固めのお野菜から、豚肉を同じような長さに切りそろえて、入れていきます。
②材料が入ったら、お酒をふり入れて煮ます。
③材料が柔らかくなってきたら、お酢を入れます。そのときに、好みの量で。
普通の酸辣湯の味でいいのなら、お玉に半分ぐらいの量で。酸っぱめが好きならお玉に一杯満たすぐらい。味を見ながら、お好みで入れてください。
④お酢を入れてからはグラグラと沸騰をさせないで、弱火で、煮ながら、塩、醤油を少しずつ入れて、味を決めていきます。
⑤お好みの味に仕上がったら、ここがポイント!白胡椒をいつもよりも多めに入れてください。これも、お好みによりますが、酸辣湯の「辣」は実は豆板醤などの唐辛子の辛さではなくて、白胡椒の隠された辛さなのです!!
ですから、少し味見をして、後味にピリッと辛さを感じるくらいがベストです。
⑥味全体が決まったら、片栗粉で少しとろみをつけて、最後にごま油を少しふって出来上がり。溶き卵を入れてフワフワに仕上げてもいいですね!


写真にはわたしの大好きな香菜(コリアンダー)がモリモリのっていますが気にしないでください。

everyday2 053



実は酢の話しで余談になりますが、わたしは実は酸っぱい系のものが苦手なんです。姉に

(姉はこんなことをしている人なのでいろいろ体のことについて聞くことが多いのですが)

相談してみると、胃の弱い人は酸っぱい系のものがあまり好きじゃないらしいのです!
どんぴしゃり!!
わたしは胃の病気持ち。少し、ストレスがたまったり、姿勢が悪かったり、食べてはいけないものを食べると、胃がものすごく痛くなって苦しみます。

ですから、今までお酢は敬遠していたのですが、でも、酢は体にいい。。。。ということでできるだけ口にしたいし。。。。といろいろな酢を試している時にこの写真の酢に出会ったんです。この酢に出会ってからは、いろいろなお酢料理を食べても胃が痛くなることもなく、酸っぱさに負けることなく、いつも常備するようにまでなりました。


そして、この酢のスープも定番に。


寒~~~~~~~~~い
日には
あったか~~~~~~~い
スープで
ぬくもりを!












↑ポチッとしていただくと励みになります!












  1. 2008/02/13(水) 23:10:33|
  2. ●香酢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

台南縣サラダ

立派なにんじん。

20080211 001


お友達にいただきました。
台南市の郊外にあたる台南縣の『七股』という場所に住んでいるお友達なのですが、叔父さんが丹精込めて作った無農薬野菜をときどきくださるのです。



そういわれてみれば、塩山にサイクリングに行ったときに、道すがら、にんじん畑をたくさん見たなあ。。。と今更ながら思い出す始末。

20080211 009


そして、これも塩山へサイクリングに行ったときに、塩山で落ち合った、台南縣の『佳里』というところに住んでいるお友達にいただいたもの。『佳里』の特産品のごぼうを使ったお惣菜のようなパック。

これは加工されてパックにして売られているものでした。お味のほうは少し酸っぱくて、甘い。。。微妙な味。悪くはないけれど、やはり、加工食品の添加物の味が気になる。。。。

20080211 011


ということで(?)、昨日からなぜか、マヨネーズ系のものが食べたいなあ~
と思っていたわたしは、これにキャベツをプラスして、コールスローサラダを作ってみました。

20080211 016


キャベツ、にんじんを小さく切って塩もみ。
水気を切ったあと、ごぼうのお惣菜と混ぜて、マヨネーズ適量、お酢を少し、胡椒少々。
少しおいて、味をなじませて。。。


味見。
う~~~~ん。
ごぼうの加工食品特有の味が消えてる!
しかも、にんじん、ごぼう、そして、キャベツのシャクシャク、ぽりぽり、コリコリと食感が楽しいサラダになりました。


さっき、お昼のカレースープ水餃子に合わせていただきました。

おいしかった!!


台南縣のみなさん!ありがとう!!











↑ポチッとしていただくと励みになります!







  1. 2008/02/11(月) 17:06:27|
  2. ●香酢
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。