almost taiwan

台湾から送る「台湾的」な生活のアレコレ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の出来事

今朝。

工作室の床をしゃがんで雑巾で拭いていると、
救急車の音がして、すごく近くで止まった。


『最近救急車の音をよく聞くな。。。』


と思いながら、起き上がると、
目の前に救急隊員が担架を持って工作室の前の家にいた。





おばあちゃんが運ばれた。





このおばあちゃん。
実はわたしが工作室を探していたときに、
このおばあちゃんのおかげで今の大家さんに連絡がついた。

そして、毎日自分の家の前=工作室の前に立って、
門番していた。

ときどき、ずっと長い時間立っていたこともあった。

もう90前なのに、元気だね~!
とみんなでよく話してた。


台湾語しかできなくて、
わたしはあまりお話できなかったけど、
時々友達が話しかけたら、
近所の話なんかを面白そうに話してた。


わたしが時々
二階のベランダのドアを閉め忘れて、
外出したら、
帰ってきたときに、二階のドア閉め忘れてるよ!
と、注意してくれた。


わたしがいつもより遅い時間に
工作室に行ったら、今日は遅いじゃないか、
とチェックしてた。



この一週間ほど、
外に出てこないし、
人の出入りがよくあるな、
と思ってた矢先だった。






そんな。。。。。
なんともない毎日が、
もしかしたらもう帰ってこないかと思ったら、
ちょっと、悲しい。


台湾語がわからなくても、
もっと話しかけたらよかった。。。。





担架に乗せられた
おばあちゃんは表情の動きはあったけれど、
体はもう動いてないように思えた。








生命がもうすぐ
使える時間を終えるときって、
やっぱり、
あっけない。

そして、切ない。


それが誰であっても、どんな生命体であっても。






そして、
時間はいつかは終わることを
忘れてはいけない。



2008072402 085


スポンサーサイト
  1. 2008/08/29(金) 18:19:38|
  2. 毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<MaSaLa | ホーム | 工作室グルメプチ★パーティー>>

コメント

看完後眼睛有點酸...T.T
衷心希望歐巴桑沒事。

P.S 第一次留言,文筆不太好請見諒。^^
  1. 2008/08/29(金) 21:32:52 |
  2. URL |
  3. Vivian Lu #-
  4. [ 編集]

Vivian 様

謝謝妳的留言.

這一天我的心情很鬱悶.

我也希望她早一點回來
又當工作室的保全哪~~~!

  1. 2008/08/30(土) 22:56:27 |
  2. URL |
  3. almosttaiwan #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://almosttaiwan.blog5.fc2.com/tb.php/170-344d2d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。